良い外国人技能実習生を選抜するには

現在の労働力不足の日本で、外国人技能実習生は各事業所において不可欠です。日本人が敬遠するような作業でもそこで働き、更に若く活力にあふれた彼らなりに様々な工夫を凝らし、またそのような作業現場ゆえ日本人だけだと沈みがちな雰囲気に活力を与えてくれます。


しかし、全ての外国人が優れた外国人技能実習生になるとは限りません。

諍いを起こす人や日本に馴染めない人なども多く、少なくないコストをかけ来日させた意味も無くなります。

外国人技能実習生に関するご質問を解決いたします。

それでは、どのような人を選んで来日させるべきでしょうか。



まず、もちろん日本語がある程度出来る事は不可欠ですが、教科書にない言い回しにも積極的に挑戦したり、あるいは自分で日本語の文を作ったり何とか会話しようとしている人を選ぶことです。この段階で恥ずかしがっている候補者は、日本に来ても大抵はホームシックになってしまい馴染むことはありません。
次に、学生であっても社会人であっても、積極的に同じ外国人技能実習生の候補者と交流し、母国の実習作業などでも積極的かつ協調性のある人を選ばなければなりません。ここで常に受け身の人や、事あるごとにサボろうとする人、あるいは積極的であっても他人のペースを考えず自分勝手に作業してしまう人には諦めてもらいましょう。


最後に、あまりにも強い政治的な信念のある人などは、日本に来て自分の理想とのギャップでショックを受ける事が多々あります。



その意味で、日本がどういう特色を持つ国かを、前もって説明していないと来日後に問題を起こし、場合によっては社会全体の問題になる事も考えられます。
条件が厳し過ぎると批判される事もある外国人技能実習生制度ですが、本来は事業所のみでなく、国際関係もまた技能実習生本人にとってもwin-winになる制度です。

自社の利益だけでなく、日本国を代表して外国人技能実習生と関わっている自覚を忘れずに、接していただくようお願いいたします。