日本で育つ外国人技能実習生

発展途上国への国際的協力のひとつとして、日本では外国人技能実習生の受け入れを行っています。


発展途上国の若い男女を日本に招待して、企業において先端技術を学んでもらうプロジェクトです。


外国人技能実習生を送り出している国はベトナムやカンボジア、中国などです。
日本で学べる期間は最長でも5年で、出身国では学べない技能の習得を目指します。


一定期間の経験を積んだ実習生は出身国に戻って活躍し、経済的な発展に貢献すると期待されています。

外国人技能実習生情報が満載です。

外国人技能実習生は、出身国においてある程度の選考と教育を受けてから日本へ送り出されます。選考や教育を行うのは、出身国の政府が関与する組織です。



勤労意欲や性格などをもとに選考が行われ、日本語や日本での生活マナーの教育が施されます。そのため、実習生の多くは簡単な日本語による会話が可能です。
日本で実習生を受け入れる法人は届け出制になっていて、許可を受けなければいけません。



受け入れのために必要な能力や設備を有しているか、チェックを受けないと許可は下りません。


外国人技能実習生が学べる業種は多岐にわたります。
金属加工、建築、食品製造などです。

受け入れ側の法人が用意した宿舎で生活しながら、日本人スタッフと同じ環境で働いて技能習得を目指します。


異国で生活しながら実習を受けるのは肉体的・精神的に疲れが生じるおそれもあるので、受け入れ法人はいろいろなフォローをして実習生を支えるのが通例です。