カンボジアからの外国人研修生

近年、外国人研修生を受け入れる日本の企業が増えつつあります。

主な理由としては、研修生の雇用により人手不足を解消することができること、人件費を安く抑えることができることが挙げられます。


一方、研修生にとっては、日本で高度な技術を学びながら、お金を稼ぐことができることがメリットです。


中でも、カンボジアからの外国人研修生は、年々増加する傾向にあります。
カンボジア人は、自己主張があまり強くなく、素直で勤勉な国民性で知られています。また、日本の企業に対して尊敬の感情を抱いている人も多いのが特徴です。

いろいろなカンボジアの外国人研修生関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

このような背景から、日本の「和」を重んじる文化を理解し、派遣先の企業に溶け込むのも早いと高く評価されているのが実情です。

カンボジア人の外国人研修生は勤労意欲が旺盛で、寡黙に仕事に取り組むその姿勢は、さまざまな現場で高評価を得ています。


しかし、受け入れる際に注意したい点もあります。


それは、会話をする際に「カンボジアの歴史」には、なるべく触れないようにすることです。


カンボジアでは、20世紀後半まで「ポル・ポト派」による大量虐殺が行われてきたという負の歴史があります。


安易に話題にしてしまうことで、彼らの勤労意欲を下げてしまわないように心がけたいものです。



高齢化の進む企業にとっても、若い外国人研修生が加わることで職場が活気づき、以前よりも人間関係が良くなったとの感想もあります。

企業と研修生の双方にとってメリットが大きいことで、今後も受け入れる日本企業が増えていくものと予想されます。