セラミド化粧水は種類によって保湿力や効果が違う

バナー

セラミド化粧水は種類によって保湿力や効果が違う

最近セラミド化粧水の種類も増え、それに伴い含まれる成分のタイプも多様化してきています。

せっかく使うのですから、ぜひ効果の高い商品を選んで使用したいものです。セラミド配合化粧水と一口にいっても、現在発売されているものには植物性から人工的に創りだされた合成品、あるいは動物や人から抽出した成分までいろいろあります。



それぞれ長所と短所がありますから、それをよく知った上で使用するといいでしょう。
値段だけで選ぶのであれば、合成の物がもっともコストパフォーマンスが良いといえます。


これは石油成分から科学的に合成して作ったものであるため、量産しやすくその分低コストで消費者が利用できるようになっています。


ただし他の成分と違い原材料が石油であるため、肌の弱い方には刺激が強すぎる場合もありえますので、使用の際は十分気を付けるようにするべきです。一方植物性のタイプは、食物油から抽出した成分ですから一見肌に優しくみえますが、その分肌に与える効果もあまり強くない点は残念だといえるでしょう。
動物性は豚や馬から抽出した成分を使っていますが、植物性や合成のタイプより人間の肌に馴染みやすいメリットがあります。その動物性のセラミド化粧水より、さらに効果があるといわれているのがヒト型の成分を使用した物です。

紹介した中ではもっとも効果が高く、肌に対する刺激も少ないため敏感肌の方にもおすすめできる物となっています。
どれを使用するかは使う方のお好みしだいとなりますが、やはり使いやすい値段であることと効果が高いことは重要なポイントになります。いくら良くても長く使い続けていけなくては意味がありませんから、金額でも無理の無いセラミド化粧水を選ぶことを勧めます。


セラミドは細胞膜に高い濃度で存在し、約28日周期で繰り返されるターンオーバーによって作られます。

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことで、そのリズムが乱れるとセラミドが減少し、バリア機能の低下を引き起こします。


リズムが乱れる原因には加齢、紫外線によるダメージ、過度なストレス、不規則な生活や睡眠不足、血行不良、食生活の乱れなどが大きく関わっています。

生活習慣の見直しによって改善できるものも多いので、規則正しい生活を心がけることが大切です。



また、アトピー性皮膚炎の肌にはセラミドが少ないことが確認されています。
通常であれば約28日かかるはずのターンオーバーですが、アトピー性皮膚炎の場合は3、4日程度にまで短縮されてしまいます。

これは患部を掻き毟ってしまうことが主な原因です。

最近の化粧水の比較関しての情報探しを行うならネットが便利です。

ターンオーバーの周期が短いことが原因でセラミドがうまく生成されず、結果的にバリア機能の低下につながってしまいます。ターンオーバーの乱れによってバリア機能が低下した肌には、高い保湿効果を期待できるセラミド含有の化粧水の使用が非常に有効です。

化粧水は肌に直接馴染ませることができるため患部に確実に行き渡るというメリットがあり、経口摂取のサプリメントよりも大きな効果が期待できると言えます。

ひどい肌荒れや乾燥肌、アトピー性皮膚炎などには化粧水での保湿ケアを優先し、足りない分をサプリメントで補うという使い方が一番有効な方法であると考えられます。肌へたっぷりの潤いを与えてくれるセラミド化粧水の人気が高まっています。

そもそもセラミドとは肌を乾燥から保護する働きを持ったもので全ての人の肌の表面に存在してる物質ですが、年齢やターンオーバーの乱れにより徐々に失われていきます。

セラミド化粧水とはこのセラミドが配合されている化粧水のことを言い、高い保湿力を持っていることから乾燥を原因とするシワや毛穴の開きへの効果が期待されています。

そしてより効果的に使うためにはその選び方にポイントがあります。

選ぶ際に特に注意して欲しいのは以下の2点です。まず1番注意して欲しいのは「配合割合」です。

全てに何パーセントが何という物質であるという記載があるわけではありませんが、化粧品の成分表示には多く入っている物質順に記載しなければならないという決まりがあります。成分表示の1番最初に書かれていれば配合割合が高いということになり、より効果を実感できるでしょう。

次に見て欲しいのは「どの種類のセラミドが使われているか」です。

一口に言っても実は天然性、ヒト型、植物性、類似性と4種類も種類があります。


名前の通りヒト型が本来私達の肌に含まれているものと同じ物質になるのでヒト型のものがより肌への浸透も抜群です。
より効果のある化粧水を選ぶのはもちろんですが、綺麗に肌を洗い、美容成分はしっかり肌に浸透させるというスキンケアの基本ももちろん守って、乾燥しらずの潤いある美肌を目指しましょう。